受かる勉強時間と勉強期間

公務員試験の基礎知識

公務員試験の受かる勉強時間と勉強期間

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

公務員採用試験受かる勉強時間勉強期間について、ご解説致します!

 公務員試験の勉強を始める方が1番気になるのが、周りの受験生がどれくらい勉強しているのか?ということです。

公務員試験を受験する方は、院卒・大卒・高卒・社会人など、さまざまな状況におかれている方がいますので、一概にはいえませんが、概ね下記が目安です。

勉強時間 = 1日7時間
勉強期間 = 1〜2年間

上記の目安は、専門試験も課せられる試験の場合で、基礎能力試験(教養試験)のみの試験の場合は、もう少し勉強時間及び勉強期間が少なくても、合格する可能性は高くなります。

公務員試験受験生の大半を占めるのが、大卒者高卒者ですが、大卒者であれば、だいたい大学2年生の頃から勉強を始めます。高卒者であれば、だいたい高校2年生の頃から勉強をはじめます。

なお、上記の目安は、あくまでも本腰を入れて一生懸命勉強した場合で、適当に勉強してでは決してないことをご理解いただきたいと思います。

公務員という職種は、特に不景気の経済状況下では、トップクラスの人気を誇る職種です。

それだけ公務員試験の受験生もしっかりとした対策をして試験に臨みますので、受かればラッキーとか試しに受けてみようなどの生半可な覚悟では、合格する確率は限りなく0に近いと理解しておきましょう!

公務員の参考書・問題集ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→数的推理(数的処理)
サイトのTOPページへ