社会科学のおすすめ「参考書・問題集」

公務員試験の教養試験【基礎能力試験】

社会科学という科目と出題数

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

社会科学のおすすめ「参考書」と「問題集」をご紹介致します!

 社会科学という科目は、政治・経済・社会などの科目を指します。

教養試験で出題されますが、おおむね高校で勉強する内容の試験レベルです。専門試験で憲法や経済原論が出題される場合は、かぶっている部分も多いので、特別な対策が必要ない場合もあります。

頻出分野は、政治ー憲法・人権・三権分立。経済ー需要と供給・国民経済・景気。社会ー少子高齢化問題・社会保障・環境問題などです。

公務員採用試験では、5〜8問くらい出題され、重要視されている科目です。

社会科学のおすすめ「参考書」と「問題集」

 社会科学のおすすめ「参考書」と「問題集」は下記です。

社会科学は、時事的な問題も含めて出題されることが多いので、参考書や問題集だけでなく、新聞の政治面・経済面・国際面などを読む習慣をつけるとよいでしょう!

※ 書店の販売ランキング・予備校の情報・口コミ・独自の調査などを元にご紹介しております!
※ Amazonにリンクしておりますので、そのままご購入いただけます。

 

上記「参考書・問題集」は、あくまでもおすすめですので、他に自分にあったものがあれば、それが1番いいです(^^)

公務員の参考書・問題集ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→人文科学
サイトのTOPページへ