憲法のおすすめ「参考書・問題集」

公務員試験の法律系科目【専門試験】

憲法という科目と出題数

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

憲法のおすすめ「参考書」と「問題集」をご紹介致します!

 憲法という科目は、日本国憲法に書かれている内容を問う科目です。公務員試験に出題される法律系科目の最も基礎となる科目です。

憲法は大きく分けて、「人権」と「統治」という分野で成り立っています。

人権とは、人の権利のことで、判例(過去の裁判の結果・考え方など)を理解することが大切です。

統治とは、国会・内閣・裁判所などのルールのことで、憲法の条文をどれだけ理解できているかが問われます。

公務員採用試験では、2〜8問くらい出題されますので、非常に重要な科目です。

試験によって、人権分野からの出題が多い試験、統治分野からの出題が多い試験など、試験によって一定の傾向がみられますので、事前によく確認しておきましょう!

憲法のおすすめ「参考書」と「問題集」

 憲法のおすすめ「参考書」と「問題集」は下記です。

※ 書店の販売ランキング・予備校の情報・口コミ・独自の調査などを元にご紹介しております!
※ Amazonにリンクしておりますので、そのままご購入いただけます。

 

上記「参考書・問題集」は、あくまでもおすすめですので、他に自分にあったものがあれば、それが1番いいです(^^)

公務員の参考書・問題集ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→民法
サイトのTOPページへ