商法のおすすめ「参考書・問題集」

公務員試験の法律系科目【専門試験】

商法という科目と出題数

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

商法のおすすめ「参考書」と「問題集」をご紹介致します!

 商法という科目はでは、「会社法」と「手形・小切手法」が頻出分野となっています。

商法は、特に国税専門官の試験では2~3問必須解答となっておりますので、必ず勉強する必要があります。

公務員採用試験では、1〜2問くらい出題されます。ただし、選択制であったり、商法自体試験科目としてはかなり少ないので、商法を勉強するぐらいなら他の科目の勉強をして、捨ててしまう受験生が多いです。

特に地方公務員試験では、商法がでないところが多いので、事前によく確認しておきましょう!

商法のおすすめ「参考書」と「問題集」

 商法のおすすめ「参考書」と「問題集」は下記です。

※ 書店の販売ランキング・予備校の情報・口コミ・独自の調査などを元にご紹介しております!
※ Amazonにリンクしておりますので、そのままご購入いただけます。

 

上記「参考書・問題集」は、あくまでもおすすめですので、他に自分にあったものがあれば、それが1番いいです(^^)

公務員の参考書・問題集ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→労働法
サイトのTOPページへ