会計学のおすすめ「参考書・問題集」

公務員試験の経済系科目【専門試験】

会計学という科目と出題数

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

会計学のおすすめ「参考書」と「問題集」をご紹介致します!

 会計学という科目は、経済主体(企業・政府・家計など)が行う財産や債務、年間の損益などに関する行為に関する知識が問われる科目です。

会計学では特に簿記の知識・簿記上の処理などの基礎知識を問う出題が多いです。

そのため、日商簿記検定3級〜2級程度の知識があれば勉強しやすい科目ですが、全く勉強したことがない方は、しっかりと基礎から勉強する必要があります。

頻出テーマは、一般原則・キャッシュ・フロー・貸借対照表・資産評価・減価償却・連結会計・仕訳などです。

会計学は出題されることが非常に少ない科目ですが、国税専門官試験のみ8問必答となっております。それ以外の公務員採用試験では、ほとんど出題がなくなっているのが現状です。

会計学のおすすめ「参考書」と「問題集」

 会計学のおすすめ「参考書」と「問題集」は下記です。

会計学は出題数も少ないので、はじめから最後まですべてを学習する必要はなく、過去問を中心に頻出問題だけを抑えておけば十分です!

※ 書店の販売ランキング・予備校の情報・口コミ・独自の調査などを元にご紹介しております!
※ Amazonにリンクしておりますので、そのままご購入いただけます。

 

上記「参考書・問題集」は、あくまでもおすすめですので、他に自分にあったものがあれば、それが1番いいです(^^)

公務員の参考書・問題集ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→政治学
サイトのTOPページへ