国会図書館(総合職・一般職大卒)試験の「参考書」と「問題集」

国家公務員試験の「参考書・問題集」

国会図書館(総合職・一般職大卒)採用試験の出題傾向とパターン

公務員採用試験「参考書・問題集」の選び方

国会図書館(総合職・一般職大卒)試験の「参考書」と「問題集」をご紹介!

 国会図書館(総合職・一般職大卒)採用試験では、総合職一般職で試験内容が若干異なります。

試験内容
総合職 一般職
教養試験(択一式)・120分 教養試験(択一式)・120分
専門試験(記述式)
法学(憲法、民法、行政法、国際法から受験時に2科目選択)、政治学、経済学、社会学、文学、史学(日本史、東洋史、西洋史から受験時に1科目選択) 、図書館情報学、物理学、化学、数学、工学・情報工学(工学全般、情報工学から受験時に1科目選択)、生物学の内1科目選択・120分
専門試験(記述式)
法学(憲法、民法、行政法、国際法から受験時に2科目選択)、政治学、経済学、社会学、文学、史学(日本史、東洋史、西洋史から受験時に1科目選択) 、図書館情報学、物理学、化学、数学、工学・情報工学(工学全般、情報工学から受験時に1科目選択)、生物学の内1科目選択・90分
英語試験(記述式)・60分 英語試験(記述式)・60分
小論文試験1200字・60分 なし
人物試験(個別面接) 人物試験(個別面接)
人物試験(集団討論・個別面接) 人物試験(個別面接)

国会図書館(総合職・一般職大卒)採用試験では、一般的な教養試験の他に、専門試験英語試験が行われ、いずれも記述式であることが特徴的です。

また、専門試験(記述式)においては、総合職の方が一般職よりも30分長くなっておりますが、総合職の方では、はじめの90分は一般職と同じ内容の問題を解き、残りの30分で総合職独自の問題を解くという形になります。

小論文試験集団討論は、総合職のみの実施となっております。

国会図書館(総合職・一般職大卒)試験の「参考書」と「問題集」

 国会図書館(総合職・一般職大卒)採用試験におすすめな「参考書」と「問題集」は下記です。

※ 書店の販売ランキング・予備校の情報・口コミ・独自の調査などを元にご紹介しております!
※ Amazonにリンクしておりますので、そのままご購入いただけます。

 
教養試験【択一式】
専門試験【記述式】
     
英語試験【記述式】
 
小論文試験
個別面接・集団討論
総合的な過去問・問題集

上記「参考書・問題集」は、あくまでもおすすめですので、他に自分にあったものがあれば、それが1番いいです(^^)

公務員の職種別の「参考書」と「問題集」

国家公務員試験の「参考書・問題集」

地方公務員試験の「参考書・問題集」

公安系公務員試験の「参考書・問題集」

教育系公務員試験の「参考書・問題集」

   

その他の公務員試験の「参考書・問題集」

   

ページの一番上へ>    次のページ→衆議院事務局職員
サイトのTOPページへ